活動日記

第2回料理教室開催(2014/08/09)

昨年に続き大好評のフードコーディネーター「目黒正子先生」を講師に招き、
料理教室を開催いたしました。
主婦の方や男性、夏休みのお子様など年齢・性別を問わず、
ご自身の畑で採れた自慢の野菜を持ち寄り、
みんなでワイワイ楽しく始終にぎやかに料理を作りました。

料理風景.JPG

P1010708.JPG

 

 

 

 

 

 

レシピのおかげで、食べなれた野菜が暑さを吹き飛ばす素晴らしい料理に変身!!
「こういった料理の仕方もあるのかと」みなさん大満足の様子でした。

料理.JPG

 

 

 

 

 

 

参加者の皆さまからは、

「夏野菜料理のレパートリーが増えて本当にうれしいです」
「野菜中心のレシピでとてもよかったです。
今日のレシピはすぐに利用でき家族も喜んでくれそうです」
「楽しく料理ができてとても楽しかったし美味しかったのでまたやってください」

「野菜をたくさん使ってあって家でもできそうです。」等々
たくさん嬉しい声をいただきました。

素敵なレシピと解り易い講師をしていただいた 目黒先生
料理の準備などサポートしていただきました 花岡先生
ご協力いただきました 上田ガス 様

本当にありがとうございました!! 

集合.JPG

 

第3回食味コンクール開催しました!(2014/08/02)

ミニトマトを対象に行い、糖度と会員皆さまの味覚で判断を行い点数を付けました。
昨年は酷暑のせいで平均糖度「4.9」と、厳しい結果となりましたが、
今年は平均糖度が「5.9」まで上がり、どれも大変素晴らしい出来でした。

P1010575.JPG

 

 

 

 

 

中でも、午後の部では糖度「8」とプロ顔負けのミニトマトを持参していただいた方もおらっしゃました。(糖度「8」はメロン並みの甘さです!!)

みなさんのミニトマト、どれも美味しかったです!!
まだまだ収穫は続きますので、これからもより良いミニトマトを作り続けてください!

食味コンクール結果.png

 

 

 

 

 

 

P1010605.JPGP1010634.JPG

  

播種体験開催しました!

先週土いじり応援プロジェクト美味いもん作り隊のイベントで播種体験を開催しました。
今回の播種体験は大粒落花生の「おおまさり」で、
通常の落花生より約2倍の大きさになります。これからの生育が楽しみです!
又、今回は播種体験の他に座学にて「殺虫・殺菌剤や作物のQ&A」を行いました。
講義の様子をFacebookにUpしてあります。そちらも是非見て下さいネ!!!

【講義内容】

防除のポイントとして
1.予防で散布
2.発病してからでは遅い
3.粒剤はまきやすく便利

など講習で行いましたが、農薬については必ず使用した方が良いという事はありません。
特に家庭菜園の場合、農薬を使わず育てたい方もいらっしゃると思います。
皆さま生活スタイルに合せて家庭菜園を楽しみましょう!

播種体験については
・播種する際に尖った方を下に向ける
・水はあげすぎないように注意する

など、いくつかポイントがありみなさんとても熱心に受講していただきました。

P1010390.JPG

P1010397.JPG

 

【皆さまから頂戴したアンケートよりご意見抜粋します!】
○ゆっくり解りやすくしゃべってほしい、専門用語を使われるとわからない。
→申し訳ございません。
 限られた時間の中で多くの事を喋ろうとして早口になってしまいました。
 みなさんが解りやすい講習会が第一なので、
 今後は、専門用語の解説やゆっくり解り易い講習を心がけます。
○楽しいトークで時間がはやく過ぎました。
→ありがとうございます。みなさんが楽しく学んでいただければこちらも幸いです。
○無農薬栽培やコンパニオンプランツについても教えてほしい
→今後、ホームページや土いじり応援プロジェクトNewsで情報発信致します。
○机があった方が良い
→申し訳ございません。多くの方に参加していただき部屋のスペースに限りがあり、
 机をなくして手板で対応いたしました。今後、回数を増やすなど対応を検討致します。
○落花生栽培について勉強になった。これからが楽しみです。
→栽培についてわからないことがありましたらこちらからお問い合わせください。
 私たちも随時HPで栽培の様子をアップしていきますので、豊作を目指して頑張りましょう!

その他、多くのご意見を頂戴いたしました。今後の運営の参考にさせていただきます。

222.jpgP1010401.JPG

土作り講習会開催(10/19開催)

今年5回目の「美味いもん講習会」を先週の10/19(土)午前・午後の部と㈱伊藤商会問屋町事務所にて開催しました。
今回のテーマはずばり「土作り」。
来年に向け「美味しい作物を作るには?」、「綺麗な花を咲かせるには?」、「連作障害を起こさない為には?」を実現する為に、
この秋から行う土作りを勉強していただきました。

講師にはニチモウ㈱羽喰(はぐい)さんをお招きました。

プロジェクターを見ながらの1部講習会に引続き、
参加者のみなさまにお持ちいただいた畑の土壌診断結果の説明&質問コーナーの2部と大いに盛り上がりました。
大きい畑で栽培されている方からプランターで栽培をしている方、
野菜を育てられる方から花を栽培している方まで、さまざまな質問やご意見が寄せらました。

講習会を終えられたみなさまからは、
「土づくりの重要性を理解できた。」、「どんな土が作物に適しているか?解った。」、「今日の研修内容を直ぐに実践したい。」
等々、力強いお言葉を頂戴しました。

今後も土いじり応援プロジェクトは「農」を愛される全ての方が、
美味しい作物を作り、綺麗な花を咲かせ、そして何よりライフワークとして楽しまれるよう、
講習会・イベントを継続していきます。応援のほど、宜しくお願い致します。

参加者のみなさまご協力ありがとうございました。そしておつかれさまでした。

だいこん.bmp詳細は土いじり応援プロジェクトFacebookページをご覧ください!

集合写真.JPG

第2回食味コンクール開催(8/24開催)

今年もみなさんが育てられたミニトマトを対象に、
糖度を測定し参加者の皆様で食べ比べを行う食味コンクールを開催致しました。

今年は酷暑のせいで糖度が上がら

ず、平均糖度が「4.9」とみなさんとても苦戦していらっしゃる様子。
しかしながら、お持ち頂いたミニトマトはそれぞれ力作揃いでした。
糖度を測定した後、みんなで食べ比べを行い「見た目」「酸味」「甘み」を評価していただきました。

優勝された方のミニトマトは糖度「4」でしたが、見た目・甘みの評価がとても高く、
おいしく作るコツは「愛情をもって育てること」とのコメントいただきました。
糖度が一番高い方は糖度「6」でした。甘いだけでなく、酸味のバランスも取れたすばらしいミニトマトでした。

ご自宅で収穫したミニトマトで作ったマリネをお持ちいただいた方もいて、
みんなで楽しく収穫の喜びと味和いを共有することができすばらしい食味コンクールになりました。
参加者のみなさま、ご協力ありがとうございました!

詳細は土いじり応援プロジェクトのFacebookページをご覧ください!

P1000805.JPGP1000831.JPG


 

 

 

 

 

料理教室開催

料理.JPG 大人気フードコーディネーター「目黒正子先生」を講師にお迎えし、畑で収穫した野菜を持ち寄り料理教室を開催しました。
 中には野菜の収穫が間に合わず漬物をお持ちいただいた方や、中玉トマト、トウモロコシ、星型のキュウリ等、お持ちいただいた方々もいらっしゃいました。
 参加者全員で収穫の喜びを美味しく共有しました。

 当日は、ベテラン主婦に加え、「少しでも料理を覚えたい」という男性の方や、夏休みのお子様など参加者もさまざまで、みんなでワイワイと楽しみつつ、2時間でなんと7品目も料理を調理・堪能しました!

 参加者の方からは・・・
「普段は生で食べていましたが、ひと手間加えるだけでとても美味しい料理になりました」
「どのレシピも家で簡単に手に入る食材だけでよかった」
「短い時間で沢山の品を作れて感激でした。家に帰って早速作ります!」
「ひとつのプレートに野菜が楽しそうに、美味しそうに彩りよく並べられ、見た目も美味しかったです」
「品目が多く不安でしたが、先生の分かりやすい指導とレシピで班のみんなと和気あいあいと上手にできました」
などなど、うれしい言葉をたくさんいただきました。

PS.金曜日にはSBCラジオの宮嶋さまに取材にきていただき、その放送は9月7日(土)17:35~放送となります。

参加者の皆さま、目黒先生、花岡先生、
ご協力頂いた上田ガス㈱の皆さま
本当にありがとうございました!


目黒先生の許可をいただき、
ホームページをご覧の皆様へ特別に当日のレシピをおすそわけ・・・


 レシピ2.JPG

 今後も美味いもん作り隊の活動に乞うご期待!!

講習会の様子がSBCラジオで放送されます!

みなさん、こんにちは!
SBCラジオの宮嶋さんに、「第3回美味いもん講習会」の様子を取材に来ていただきました。
熱心に講習を受けている参加者のインタビューや、講習の様子を録音し現在編集中です。

放送は、7月6日(土)17:35~
「東信濃みどりの街のラジオマップ」みなさんお楽しみに!! P1000115.JPG

P1000118.JPG   P1000115.JPG

「第3回美味いもん講習会」開催!

定植をして1ヶ月以上が過ぎ、作物に対するいろいろな悩みを抱えはじめる時期です。
そんな悩みを解決する為、みなさん熱心に取り組んでいらっしゃいました!P1000175.JPG

その様子を一部ご紹介します。

Q)トマトの尻ぐされ病にはどうすればいい?
A)尻ぐされ病は病気ではなく、カルシウムが足りなくておきる症状です。カルシウムの成分が入っている葉面散布(液肥)を半月に1回ぐらいかけてあげましょう。

Q)アブラムシが大量発生してしまいました。なんとかしたいのだけど農薬以外で対応できますか?
A)・アブラムシは光の反射を嫌います。
プランターならアルミホイルを敷き、畑の場合は反射テープなどを使用することでアブラムシを寄せ付けなくします。シルバー(銀)マルチも効果的です。
・「粘着くん」をしようする。粘着くんとは原料がでんぷんの無農薬農薬です。噴霧することでアブラムシを窒息死させて駆除します。
アブラムシは葉の裏についているので満遍なくかけるとより効果的です。

Q)ピーマン・ナスも摘芯をするの?
A)必要は特にありません。その代わり葉と葉が重なり合った古い葉はとりましょう。
風通しが良くなります。
P1000140.JPG

☆ワンポイントアドバイス☆
○芽かきをした芽は作物の周りに捨てておくと、そこから病気が発生し作物に感染する恐れがあります。
かいた芽は確実に処分しましょう。

○農薬に展着剤を入れると効果的?
「展着剤をたくさんいれれば入れるほどくっつく」というのは大きな間違い!
展着剤を使い過ぎると、展着剤が展開しづらく(葉及び茎を滑りにくくなり)、農薬が一部分に滞留し濃度障害により、薬害を起こしやすくなります。
展着剤は種類によって倍率が違います。よく確認して適正な倍率で使用して下さい。

などなど、これからの時期にお役に立てていただけるような講習内容となりました。
参加していただいた方からは、
・実際に作物(苗)を使った作業説明だったので分かりやすかった。
・野菜栽培に一層興味がわいてきました!
・芽かきの知識や意味を理解できてよかった
たくさんのうれしい感想を頂戴しました。

8月には、収穫物を使って料理教室が開催いたします!
詳細は別途ご案内いたしますので、奮ってご参加下さい。
メニュー(案)は、

~夏野菜で一汁三菜~
   夏野菜をたっぷり使ってバランスの取れたお献立て
   一例として…ミニトマトの和風マリネ
           お魚ソテーオクラソース
           ピーマンの昆布和え  など盛りたくさんのメニュー  (変更あり)


を予定しておりますのでお楽しみに!

 P1000116.JPG  P1000138.JPG  P1000188.JPG

「第2回美味いもん講習会」開催!

☆作物なんでもQ&A-作物の育て方・農薬の使い方-P5110654.JPG

会員の皆様から多数の質問をいただきました。

Q)プランターでの野菜栽培時のポイントは?
A)黒いプランターは温度が上がりすぎる為、白地のモノを選びましょう。
又、水を朝晩たっぷりあげ、十分な水分を保つことが重要です。
日中の水やりは水温が上がり、根が焼ける(痛める)ので注意が必要です。

Q)ヨトウ虫(野菜類に発生し、葉を食べてしまう)に効く農薬は?
A)フェニックス等の殺虫剤が効果があります。
葉の表・裏にしっかり付着する様に噴霧器を利用して下さい。
ジョウロでも代用はOKです。利用後はしっかり洗う事が必要です。
(除草剤使用の場合は他の作物への飛散を防ぐため、専用のジョウロを用意しましょう!)

☆播種体験-紫オクラ(ベニー)-

簡単な講習の後、倉庫にて播種体験を行いました。

上手く育てるコツは、
・播種前日からぬるま湯に種を浸しておく→種を柔らかくして、播種後の吸水を容易にする。P5110679.JPG
・種を深く植えすぎない→種の上、土を1cmほどかぶせる。
・播種後、一気に水をあげ過ぎない→土がめくれ、種が露出してしまう。
・暖かい時に播種しましょう→発芽適温は25~30℃です。

講義出席の会員さまからは以下の様なメッセージをいただきました。
・これからも種からやる時は、この様な企画をしてほしい。
・栽培マニュアルの資料をいただき大変ありがたいです。
・これからが楽しみ。良い企画です。
・思ったよりかんたんに播種でき楽しかった。

☆苗・肥料即売会-ミニトマト・こどもピーマン他-

当日は播種体験にあわせ、ミニトマト・こどもピーマンなどの苗を販売させていただきました。
こどもピーマンは大人気で全て完売しました。
お客様からは
「いつでも販売しているの?」との質問をいただきました。
苗販売は始めたばかりですが、いつでも購入していただく事は可能ですので
お問合せお待ちしています。


私どもでも、プランターに播種をしました。
今後、Facebookに栽培様子を掲載していきます。
会員の皆様と収穫祭りなど出来たら楽しいですよね!!

これからも皆様のご期待に沿うような企画をスタッフ全員で検討して参ります。
応援宜しくお願いいたします。

これからも会員の皆様のご期待に添えるような企画を開催できるよう、
全スタッフで頑張っていきます!!
 これからも会員の皆様のご期待に添えるような企画を開催できるよう、
全スタッフで頑張っていきます!!
 これからも会員の皆様のご期待に添えるような企画を開催できるよう、
全スタッフで頑張っていきます!!
 これからも会員の皆様のご期待に添えるような企画を開催できるよう、
全スタッフで頑張っていきます!!
  

ミニトマト食味コンクール (2012/08/04)

美味いもん作り隊ミニトマト食味コンクール

即売会イベントで配布されたミニトマトの苗を育てて味比べする「ミニトマト食味コンクール」を開催しました。

収穫したトマトは、「形・色」「甘み」「酸味」「総合評価」の4項目を会員さん同士が実際に食べ比べ、10点満点で評価する、というものです。
糖度計での測定もあって本格的です。

優勝者は農業1年目という会員さんで、作品の糖度は6.6。ミニトマトの平均糖度は5.0~6.0ですので、風味の濃い豊かな実になりました。
今回の特別賞「糖度が一番高かったで賞」は、直売所にも出荷しているというベテランの方。なんと糖度9.0!まるでフルーツのようでした。

美味いもん作り隊ミニトマト食味コンクール

コンクールとは言っても、自分で作ったミニトマトの味を客観的な数値で見ることができ、「同種の苗を同時期に栽培しても、こんなに食味が違うのか」と、皆様、大盛り上がりのイベントとなりました!

土壌分析-土を知ろう!-

野菜も花も、栽培するのに重要な要素のひとつが「土壌のpH(ペーハー/水素イオン指数)」。pHとは酸性・アルカリ性の度合いで、作物によって最適値は異なります。
今回は会員さん皆様の畑の土を持参していただき、全員のpHを測定して土壌改良のアドバイスを行いました。

会員さんの中に「ほうれん草が毎年うまく育たずに悩んでいる」という方がいらっしゃいました。ほうれん草はpH6.5~7.0の弱アルカリ性の土壌で良く育ちますが、土を測定したところpH5.5(弱酸性)という結果が。ほうれん草が育ちくいのは「土壌環境に理由があった」のですね。
同様の理由で作物が育たないと判明した会員さんが他にも数名いらっしゃいました。

栽培種ごとに育ちやすい土壌環境があり、それによって大きく左右されることがよくわかりました!

☆美味いもん作り隊News No.5に関連記事が掲載されていますのでご参照ください。

地元産米おにぎり博 -おらほの新米を食べくらべ!-(2012/11/04)

地元産米おにぎり博

11/3,4の大感謝祭にて「地元産米おにぎり博」が開催されました。
「塩田米(上田市産)」「新張米(東御市[旧東部町]産)」「八重原米(東御市[旧北御牧村]産)」「立科米(立科町)」「ごろへい米(佐久市[旧浅科村]産)」の5種類を、ひとくちサイズの俵型おにぎりにして実際に食べ比べ、いちばん美味しいと思ったお米に投票していただきました。

投票の結果
順位/銘柄/得票数 皆様からのコメント
1位 八重原米(62票) さめても美味しい
米自体に味があり美味しい
粘り気ともち米のような食感(モチモチ感)
2位 ごろへい米(50票) 噛むごとに甘みが出てくる
もちもち感が良い
粒が大きい
3位 立科米(21票) ミネラルが豊富で甘い
粘り気がありもちもちしている
4位 塩田米(15票) バランスが良く万人受けする
昔からの食べなれた味
5位 新張米(7票) 食感がよい
さっぱりしていてたくさん食べれる
若い人好みのあっさりテイスト
農家の方へのメッセージをたくさんいただきました

地元産米おにぎり博

  • おいしいお米づくりがんばってください(上田市/男性)
  • 日本の食糧と水田を守ってください(上田市/男性)
  • お米が大好きなので、これからもおいしいお米を作ってください(千曲市/男性)
  • 日本人はやっぱりお米の文化です。これからもおいしいお米をお願いします(千曲市/女性)
  • 苦労して美味しいお米をつくっていただき、私達非農家は感謝してお米をいただきたい(上田市/男性)
  • 政府の米政策にまけずがんばって欲しい(東御市/男性)
  • これからも買いますので、美味しいお米期待してます(上田市/女性)
  • ガンバって長く続けてください(青木村/男性)
  • 安全でおいしいお米をお願いします(真田町/女性)
  • 最近はブランド化されたり、美味しい物を求める方が多くなってきたので、どんどん美味しいお米を作っていただき、マニアに人気になれるよう頑張ってください(長和町/女性)
  • 安全なお米、消毒の少ないお米を作って欲しい(坂城町/女性)

投票していただいた方から抽選で10名様に、お客様に選んでいただいたお米1kgをプレゼントしました!

 

活動日記

第2回料理教室開催(2014/08/09)

昨年に続き大好評のフードコーディネーター「目黒正子先生」を講師に招き、
料理教室を開催いたしました。
主婦の方や男性、夏休みのお子様など年齢・性別を問わず、
ご自身の畑で採れた自慢の野菜を持ち寄り、
みんなでワイワイ楽しく始終にぎやかに料理を作りました。

料理風景.JPG

P1010708.JPG

 

 

 

 

 

 

レシピのおかげで、食べなれた野菜が暑さを吹き飛ばす素晴らしい料理に変身!!
「こういった料理の仕方もあるのかと」みなさん大満足の様子でした。

料理.JPG

 

 

 

 

 

 

参加者の皆さまからは、

「夏野菜料理のレパートリーが増えて本当にうれしいです」
「野菜中心のレシピでとてもよかったです。
今日のレシピはすぐに利用でき家族も喜んでくれそうです」
「楽しく料理ができてとても楽しかったし美味しかったのでまたやってください」

「野菜をたくさん使ってあって家でもできそうです。」等々
たくさん嬉しい声をいただきました。

素敵なレシピと解り易い講師をしていただいた 目黒先生
料理の準備などサポートしていただきました 花岡先生
ご協力いただきました 上田ガス 様

本当にありがとうございました!! 

集合.JPG

 

第3回食味コンクール開催しました!(2014/08/02)

ミニトマトを対象に行い、糖度と会員皆さまの味覚で判断を行い点数を付けました。
昨年は酷暑のせいで平均糖度「4.9」と、厳しい結果となりましたが、
今年は平均糖度が「5.9」まで上がり、どれも大変素晴らしい出来でした。

P1010575.JPG

 

 

 

 

 

中でも、午後の部では糖度「8」とプロ顔負けのミニトマトを持参していただいた方もおらっしゃました。(糖度「8」はメロン並みの甘さです!!)

みなさんのミニトマト、どれも美味しかったです!!
まだまだ収穫は続きますので、これからもより良いミニトマトを作り続けてください!

食味コンクール結果.png

 

 

 

 

 

 

P1010605.JPGP1010634.JPG

  

播種体験開催しました!

先週土いじり応援プロジェクト美味いもん作り隊のイベントで播種体験を開催しました。
今回の播種体験は大粒落花生の「おおまさり」で、
通常の落花生より約2倍の大きさになります。これからの生育が楽しみです!
又、今回は播種体験の他に座学にて「殺虫・殺菌剤や作物のQ&A」を行いました。
講義の様子をFacebookにUpしてあります。そちらも是非見て下さいネ!!!

【講義内容】

防除のポイントとして
1.予防で散布
2.発病してからでは遅い
3.粒剤はまきやすく便利

など講習で行いましたが、農薬については必ず使用した方が良いという事はありません。
特に家庭菜園の場合、農薬を使わず育てたい方もいらっしゃると思います。
皆さま生活スタイルに合せて家庭菜園を楽しみましょう!

播種体験については
・播種する際に尖った方を下に向ける
・水はあげすぎないように注意する

など、いくつかポイントがありみなさんとても熱心に受講していただきました。

P1010390.JPG

P1010397.JPG

 

【皆さまから頂戴したアンケートよりご意見抜粋します!】
○ゆっくり解りやすくしゃべってほしい、専門用語を使われるとわからない。
→申し訳ございません。
 限られた時間の中で多くの事を喋ろうとして早口になってしまいました。
 みなさんが解りやすい講習会が第一なので、
 今後は、専門用語の解説やゆっくり解り易い講習を心がけます。
○楽しいトークで時間がはやく過ぎました。
→ありがとうございます。みなさんが楽しく学んでいただければこちらも幸いです。
○無農薬栽培やコンパニオンプランツについても教えてほしい
→今後、ホームページや土いじり応援プロジェクトNewsで情報発信致します。
○机があった方が良い
→申し訳ございません。多くの方に参加していただき部屋のスペースに限りがあり、
 机をなくして手板で対応いたしました。今後、回数を増やすなど対応を検討致します。
○落花生栽培について勉強になった。これからが楽しみです。
→栽培についてわからないことがありましたらこちらからお問い合わせください。
 私たちも随時HPで栽培の様子をアップしていきますので、豊作を目指して頑張りましょう!

その他、多くのご意見を頂戴いたしました。今後の運営の参考にさせていただきます。

222.jpgP1010401.JPG

土作り講習会開催(10/19開催)

今年5回目の「美味いもん講習会」を先週の10/19(土)午前・午後の部と㈱伊藤商会問屋町事務所にて開催しました。
今回のテーマはずばり「土作り」。
来年に向け「美味しい作物を作るには?」、「綺麗な花を咲かせるには?」、「連作障害を起こさない為には?」を実現する為に、
この秋から行う土作りを勉強していただきました。

講師にはニチモウ㈱羽喰(はぐい)さんをお招きました。

プロジェクターを見ながらの1部講習会に引続き、
参加者のみなさまにお持ちいただいた畑の土壌診断結果の説明&質問コーナーの2部と大いに盛り上がりました。
大きい畑で栽培されている方からプランターで栽培をしている方、
野菜を育てられる方から花を栽培している方まで、さまざまな質問やご意見が寄せらました。

講習会を終えられたみなさまからは、
「土づくりの重要性を理解できた。」、「どんな土が作物に適しているか?解った。」、「今日の研修内容を直ぐに実践したい。」
等々、力強いお言葉を頂戴しました。

今後も土いじり応援プロジェクトは「農」を愛される全ての方が、
美味しい作物を作り、綺麗な花を咲かせ、そして何よりライフワークとして楽しまれるよう、
講習会・イベントを継続していきます。応援のほど、宜しくお願い致します。

参加者のみなさまご協力ありがとうございました。そしておつかれさまでした。

だいこん.bmp詳細は土いじり応援プロジェクトFacebookページをご覧ください!

集合写真.JPG

第2回食味コンクール開催(8/24開催)

今年もみなさんが育てられたミニトマトを対象に、
糖度を測定し参加者の皆様で食べ比べを行う食味コンクールを開催致しました。

今年は酷暑のせいで糖度が上がら

ず、平均糖度が「4.9」とみなさんとても苦戦していらっしゃる様子。
しかしながら、お持ち頂いたミニトマトはそれぞれ力作揃いでした。
糖度を測定した後、みんなで食べ比べを行い「見た目」「酸味」「甘み」を評価していただきました。

優勝された方のミニトマトは糖度「4」でしたが、見た目・甘みの評価がとても高く、
おいしく作るコツは「愛情をもって育てること」とのコメントいただきました。
糖度が一番高い方は糖度「6」でした。甘いだけでなく、酸味のバランスも取れたすばらしいミニトマトでした。

ご自宅で収穫したミニトマトで作ったマリネをお持ちいただいた方もいて、
みんなで楽しく収穫の喜びと味和いを共有することができすばらしい食味コンクールになりました。
参加者のみなさま、ご協力ありがとうございました!

詳細は土いじり応援プロジェクトのFacebookページをご覧ください!

P1000805.JPGP1000831.JPG


 

 

 

 

 

料理教室開催

料理.JPG 大人気フードコーディネーター「目黒正子先生」を講師にお迎えし、畑で収穫した野菜を持ち寄り料理教室を開催しました。
 中には野菜の収穫が間に合わず漬物をお持ちいただいた方や、中玉トマト、トウモロコシ、星型のキュウリ等、お持ちいただいた方々もいらっしゃいました。
 参加者全員で収穫の喜びを美味しく共有しました。

 当日は、ベテラン主婦に加え、「少しでも料理を覚えたい」という男性の方や、夏休みのお子様など参加者もさまざまで、みんなでワイワイと楽しみつつ、2時間でなんと7品目も料理を調理・堪能しました!

 参加者の方からは・・・
「普段は生で食べていましたが、ひと手間加えるだけでとても美味しい料理になりました」
「どのレシピも家で簡単に手に入る食材だけでよかった」
「短い時間で沢山の品を作れて感激でした。家に帰って早速作ります!」
「ひとつのプレートに野菜が楽しそうに、美味しそうに彩りよく並べられ、見た目も美味しかったです」
「品目が多く不安でしたが、先生の分かりやすい指導とレシピで班のみんなと和気あいあいと上手にできました」
などなど、うれしい言葉をたくさんいただきました。

PS.金曜日にはSBCラジオの宮嶋さまに取材にきていただき、その放送は9月7日(土)17:35~放送となります。

参加者の皆さま、目黒先生、花岡先生、
ご協力頂いた上田ガス㈱の皆さま
本当にありがとうございました!


目黒先生の許可をいただき、
ホームページをご覧の皆様へ特別に当日のレシピをおすそわけ・・・


 レシピ2.JPG

 今後も美味いもん作り隊の活動に乞うご期待!!

講習会の様子がSBCラジオで放送されます!

みなさん、こんにちは!
SBCラジオの宮嶋さんに、「第3回美味いもん講習会」の様子を取材に来ていただきました。
熱心に講習を受けている参加者のインタビューや、講習の様子を録音し現在編集中です。

放送は、7月6日(土)17:35~
「東信濃みどりの街のラジオマップ」みなさんお楽しみに!! P1000115.JPG

P1000118.JPG   P1000115.JPG

「第3回美味いもん講習会」開催!

定植をして1ヶ月以上が過ぎ、作物に対するいろいろな悩みを抱えはじめる時期です。
そんな悩みを解決する為、みなさん熱心に取り組んでいらっしゃいました!P1000175.JPG

その様子を一部ご紹介します。

Q)トマトの尻ぐされ病にはどうすればいい?
A)尻ぐされ病は病気ではなく、カルシウムが足りなくておきる症状です。カルシウムの成分が入っている葉面散布(液肥)を半月に1回ぐらいかけてあげましょう。

Q)アブラムシが大量発生してしまいました。なんとかしたいのだけど農薬以外で対応できますか?
A)・アブラムシは光の反射を嫌います。
プランターならアルミホイルを敷き、畑の場合は反射テープなどを使用することでアブラムシを寄せ付けなくします。シルバー(銀)マルチも効果的です。
・「粘着くん」をしようする。粘着くんとは原料がでんぷんの無農薬農薬です。噴霧することでアブラムシを窒息死させて駆除します。
アブラムシは葉の裏についているので満遍なくかけるとより効果的です。

Q)ピーマン・ナスも摘芯をするの?
A)必要は特にありません。その代わり葉と葉が重なり合った古い葉はとりましょう。
風通しが良くなります。
P1000140.JPG

☆ワンポイントアドバイス☆
○芽かきをした芽は作物の周りに捨てておくと、そこから病気が発生し作物に感染する恐れがあります。
かいた芽は確実に処分しましょう。

○農薬に展着剤を入れると効果的?
「展着剤をたくさんいれれば入れるほどくっつく」というのは大きな間違い!
展着剤を使い過ぎると、展着剤が展開しづらく(葉及び茎を滑りにくくなり)、農薬が一部分に滞留し濃度障害により、薬害を起こしやすくなります。
展着剤は種類によって倍率が違います。よく確認して適正な倍率で使用して下さい。

などなど、これからの時期にお役に立てていただけるような講習内容となりました。
参加していただいた方からは、
・実際に作物(苗)を使った作業説明だったので分かりやすかった。
・野菜栽培に一層興味がわいてきました!
・芽かきの知識や意味を理解できてよかった
たくさんのうれしい感想を頂戴しました。

8月には、収穫物を使って料理教室が開催いたします!
詳細は別途ご案内いたしますので、奮ってご参加下さい。
メニュー(案)は、

~夏野菜で一汁三菜~
   夏野菜をたっぷり使ってバランスの取れたお献立て
   一例として…ミニトマトの和風マリネ
           お魚ソテーオクラソース
           ピーマンの昆布和え  など盛りたくさんのメニュー  (変更あり)


を予定しておりますのでお楽しみに!

 P1000116.JPG  P1000138.JPG  P1000188.JPG

「第2回美味いもん講習会」開催!

☆作物なんでもQ&A-作物の育て方・農薬の使い方-P5110654.JPG

会員の皆様から多数の質問をいただきました。

Q)プランターでの野菜栽培時のポイントは?
A)黒いプランターは温度が上がりすぎる為、白地のモノを選びましょう。
又、水を朝晩たっぷりあげ、十分な水分を保つことが重要です。
日中の水やりは水温が上がり、根が焼ける(痛める)ので注意が必要です。

Q)ヨトウ虫(野菜類に発生し、葉を食べてしまう)に効く農薬は?
A)フェニックス等の殺虫剤が効果があります。
葉の表・裏にしっかり付着する様に噴霧器を利用して下さい。
ジョウロでも代用はOKです。利用後はしっかり洗う事が必要です。
(除草剤使用の場合は他の作物への飛散を防ぐため、専用のジョウロを用意しましょう!)

☆播種体験-紫オクラ(ベニー)-

簡単な講習の後、倉庫にて播種体験を行いました。

上手く育てるコツは、
・播種前日からぬるま湯に種を浸しておく→種を柔らかくして、播種後の吸水を容易にする。P5110679.JPG
・種を深く植えすぎない→種の上、土を1cmほどかぶせる。
・播種後、一気に水をあげ過ぎない→土がめくれ、種が露出してしまう。
・暖かい時に播種しましょう→発芽適温は25~30℃です。

講義出席の会員さまからは以下の様なメッセージをいただきました。
・これからも種からやる時は、この様な企画をしてほしい。
・栽培マニュアルの資料をいただき大変ありがたいです。
・これからが楽しみ。良い企画です。
・思ったよりかんたんに播種でき楽しかった。

☆苗・肥料即売会-ミニトマト・こどもピーマン他-

当日は播種体験にあわせ、ミニトマト・こどもピーマンなどの苗を販売させていただきました。
こどもピーマンは大人気で全て完売しました。
お客様からは
「いつでも販売しているの?」との質問をいただきました。
苗販売は始めたばかりですが、いつでも購入していただく事は可能ですので
お問合せお待ちしています。


私どもでも、プランターに播種をしました。
今後、Facebookに栽培様子を掲載していきます。
会員の皆様と収穫祭りなど出来たら楽しいですよね!!

これからも皆様のご期待に沿うような企画をスタッフ全員で検討して参ります。
応援宜しくお願いいたします。

これからも会員の皆様のご期待に添えるような企画を開催できるよう、
全スタッフで頑張っていきます!!
 これからも会員の皆様のご期待に添えるような企画を開催できるよう、
全スタッフで頑張っていきます!!
 これからも会員の皆様のご期待に添えるような企画を開催できるよう、
全スタッフで頑張っていきます!!
 これからも会員の皆様のご期待に添えるような企画を開催できるよう、
全スタッフで頑張っていきます!!
  

ミニトマト食味コンクール (2012/08/04)

美味いもん作り隊ミニトマト食味コンクール

即売会イベントで配布されたミニトマトの苗を育てて味比べする「ミニトマト食味コンクール」を開催しました。

収穫したトマトは、「形・色」「甘み」「酸味」「総合評価」の4項目を会員さん同士が実際に食べ比べ、10点満点で評価する、というものです。
糖度計での測定もあって本格的です。

優勝者は農業1年目という会員さんで、作品の糖度は6.6。ミニトマトの平均糖度は5.0~6.0ですので、風味の濃い豊かな実になりました。
今回の特別賞「糖度が一番高かったで賞」は、直売所にも出荷しているというベテランの方。なんと糖度9.0!まるでフルーツのようでした。

美味いもん作り隊ミニトマト食味コンクール

コンクールとは言っても、自分で作ったミニトマトの味を客観的な数値で見ることができ、「同種の苗を同時期に栽培しても、こんなに食味が違うのか」と、皆様、大盛り上がりのイベントとなりました!

土壌分析-土を知ろう!-

野菜も花も、栽培するのに重要な要素のひとつが「土壌のpH(ペーハー/水素イオン指数)」。pHとは酸性・アルカリ性の度合いで、作物によって最適値は異なります。
今回は会員さん皆様の畑の土を持参していただき、全員のpHを測定して土壌改良のアドバイスを行いました。

会員さんの中に「ほうれん草が毎年うまく育たずに悩んでいる」という方がいらっしゃいました。ほうれん草はpH6.5~7.0の弱アルカリ性の土壌で良く育ちますが、土を測定したところpH5.5(弱酸性)という結果が。ほうれん草が育ちくいのは「土壌環境に理由があった」のですね。
同様の理由で作物が育たないと判明した会員さんが他にも数名いらっしゃいました。

栽培種ごとに育ちやすい土壌環境があり、それによって大きく左右されることがよくわかりました!

☆美味いもん作り隊News No.5に関連記事が掲載されていますのでご参照ください。

地元産米おにぎり博 -おらほの新米を食べくらべ!-(2012/11/04)

地元産米おにぎり博

11/3,4の大感謝祭にて「地元産米おにぎり博」が開催されました。
「塩田米(上田市産)」「新張米(東御市[旧東部町]産)」「八重原米(東御市[旧北御牧村]産)」「立科米(立科町)」「ごろへい米(佐久市[旧浅科村]産)」の5種類を、ひとくちサイズの俵型おにぎりにして実際に食べ比べ、いちばん美味しいと思ったお米に投票していただきました。

投票の結果
順位/銘柄/得票数 皆様からのコメント
1位 八重原米(62票) さめても美味しい
米自体に味があり美味しい
粘り気ともち米のような食感(モチモチ感)
2位 ごろへい米(50票) 噛むごとに甘みが出てくる
もちもち感が良い
粒が大きい
3位 立科米(21票) ミネラルが豊富で甘い
粘り気がありもちもちしている
4位 塩田米(15票) バランスが良く万人受けする
昔からの食べなれた味
5位 新張米(7票) 食感がよい
さっぱりしていてたくさん食べれる
若い人好みのあっさりテイスト
農家の方へのメッセージをたくさんいただきました

地元産米おにぎり博

  • おいしいお米づくりがんばってください(上田市/男性)
  • 日本の食糧と水田を守ってください(上田市/男性)
  • お米が大好きなので、これからもおいしいお米を作ってください(千曲市/男性)
  • 日本人はやっぱりお米の文化です。これからもおいしいお米をお願いします(千曲市/女性)
  • 苦労して美味しいお米をつくっていただき、私達非農家は感謝してお米をいただきたい(上田市/男性)
  • 政府の米政策にまけずがんばって欲しい(東御市/男性)
  • これからも買いますので、美味しいお米期待してます(上田市/女性)
  • ガンバって長く続けてください(青木村/男性)
  • 安全でおいしいお米をお願いします(真田町/女性)
  • 最近はブランド化されたり、美味しい物を求める方が多くなってきたので、どんどん美味しいお米を作っていただき、マニアに人気になれるよう頑張ってください(長和町/女性)
  • 安全なお米、消毒の少ないお米を作って欲しい(坂城町/女性)

投票していただいた方から抽選で10名様に、お客様に選んでいただいたお米1kgをプレゼントしました!