新着情報 - つちプロからのお知らせ

暑い日が続きます・・・ (2017/07/07)

毎日暑い日が続きます。
畑仕事をする際は水分補給や休憩を充分にとって熱中症にならないよう注意しましょう!

近年温暖化の影響で、
ビニールハウスで作物を栽培する際の高温対策が非常に重要になっています。
特にトマトや花農家の方は作物がやけてしまう(特に成長点)可能性があるため、
高温対策は気になるところです。

高温対策の1つとしてハウスの中に、
織布内張りカーテン(マリエース 遮熱+(プラス))を張る方法があります。
「マリエース遮熱+」は温度が寒いときは保温性が高く、
逆に夏場は日光を遮る(遮光率80%)ことでハウス内の温度を2度~3度抑えることができます。

人間も体感温度が2度~3度変わると体調が急変するように、
ハウス内の温度が2度~3度かわるだけで作物への影響も大きく変わります。

今年の夏はハウス内の温度を下げる高温対策をしっかりと行いましょう!

「マリエース遮熱+」についてのお問い合わせはこちらから

新着情報 - つちプロからのお知らせ

暑い日が続きます・・・ (2017/07/07)

毎日暑い日が続きます。
畑仕事をする際は水分補給や休憩を充分にとって熱中症にならないよう注意しましょう!

近年温暖化の影響で、
ビニールハウスで作物を栽培する際の高温対策が非常に重要になっています。
特にトマトや花農家の方は作物がやけてしまう(特に成長点)可能性があるため、
高温対策は気になるところです。

高温対策の1つとしてハウスの中に、
織布内張りカーテン(マリエース 遮熱+(プラス))を張る方法があります。
「マリエース遮熱+」は温度が寒いときは保温性が高く、
逆に夏場は日光を遮る(遮光率80%)ことでハウス内の温度を2度~3度抑えることができます。

人間も体感温度が2度~3度変わると体調が急変するように、
ハウス内の温度が2度~3度かわるだけで作物への影響も大きく変わります。

今年の夏はハウス内の温度を下げる高温対策をしっかりと行いましょう!

「マリエース遮熱+」についてのお問い合わせはこちらから